FC2ブログ
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:事件
http://mainichi.jp/feature/news/20130124ddm013100035000c3.html

いいママになりたかった:大阪2児放置死事件/下 出し続けたSOS 「寄り添い」なく、孤立深め
毎日新聞 2013年01月24日 東京朝刊

 2人の幼い子供を放置し、餓死させたとして殺人罪に問われた中村(旧姓・下村)早苗被告(25)=上告中。子供を置き去りにして家を出たのは、離婚から1年と23日後のことだった。被告はこの間、周囲にSOSを出し続けたが、結果的に救いの手は差し伸べられなかった

    ■

 ・借金はしっかり返していきます

 ・家族には甘えません

 ・しっかり働きます

 ・逃げません

 ・うそはつきません

 ・夜の仕事はしません

2審で弁護側が提出し、証拠採用されたB5サイズの便箋がある。09年5月、元夫(26)との離婚に際して中村被告が書いた「誓約書」だ。

 浮気やうそ、借金に家出−−。離婚の原因は被告側にあった。元夫やその両親、実父(52)を交えて話し合いが持たれ、子供たちは中村被告が引き取ることが決まった。

 離婚までの経緯を考えても、中村被告が1人で十分な子育てをできる保証はなかった。だが話し合いでは、元夫が養育費を負担することは、議題にものぼらなかった。1審の大阪地裁判決は、この話し合いについて「子供らの将来を第一に考えたとみられない」として「悲劇の遠因」と位置づけた。

    ■

 離婚後、中村被告は「ミルクもおむつもない」と、三重県桑名市の母親の家に身を寄せたが、1週間ほどで家を出た。働き口として、寮や託児所を備えたキャバクラを名古屋市で見つけていた。被告は裁判所への上申書に「母が子供にきつくあたるようになるのではと思った」と書いている。

 当時2歳の長女、7カ月の長男との生活は、すぐに壁に直面した。子供の病気だ。

 中村被告は当初、2人を託児所に預けていたが、熱を出すようになると預けられなくなり、働きに出られず、収入も得られなくなった。「子供を寝かせてから仕事に行こう」。被告は始業時間が遅い別の店に移った。

 この年の10月、被告はインフルエンザにかかる。元夫と実の両親に電話し「子供を預かってほしい」と訴えたが、元夫と父親には断られた。母親からは「預かろうか」と電話があったが、被告はなぜか「様子を見る」と断った。

 行政にも助けを求めた。名古屋市の中区役所には、12月8日付で中村被告が相談の電話をした記録が残っている。

 「子の面倒を見られない。一時保護してほしい

 被告は後に、この時のことを法廷で証言した。区役所から紹介された児童相談所に電話し「一度来て」と言われたが、具体的な訪問日程などを提示されなかったという。

 「誰も助けてくれないと思った

被告はそう語った。ただ、児相側は被告からの電話について「記録がない」としている。この頃、区役所も本人に3回電話し、連絡を取ろうとしたが、被告は携帯電話に出なかった。

    ■

 中村被告は、徐々に現実から目を背けていく。翌10年1月、子供の水遊びで部屋が水浸しになったトラブルを機に、大阪市へ転居。それから5カ月後の6月9日、被告は子供を置いてマンションを出た。クラブで友人と夜通し遊んだり、男性とホテルに泊まったり。50日間、家に帰らなかった。

 当時の心境について、被告は法廷でこう語った。

 「子供のことは考えないようにした

虐待する親を多く支援してきた愛知県弁護士会の多田元(はじめ)弁護士は「育児放棄する親は、人とつながる力が弱く、少し困難にぶつかると無力に陥る。こうした親が『預かって』と言うのはよほどのこと。役所は『預かるから来てほしい』と応じるなど、機会を逃してはならなかった」と話す。

    ■

 事件に衝撃を受けた大阪では、母親を孤立させないよう支援する動きが出始めた。

 「いつでも連絡ちょうだい」

 昨年11月、大阪市内であった母親対象のランチ会。主催した木村直美(まさみ)さん(33)=大阪府門真市=が、子連れで参加したシングルマザー(30)に語りかけた。

 木村さんは2歳から6歳の4人の子を持つ母親で、水商売の経験もある。事件を受け、11年4月にひとり親を支援する活動を始めた。自身のブログ(http://ameblo.jp/mds-plehc/)でメールアドレスを公開し、400人以上の母親の相談に乗ってきた。

 「泣いてる子を放ったらかしてしまった」と心配する親を「大丈夫」と安心させる。「休みの日の子供との過ごし方が分からない」という親は、親子とも自宅に招き、一緒に遊ぶ。木村さんは「子供を救うには、まず母親に寄り添うことが大事」と訴えている。

    ■

 中村被告は記者にあてた手紙の中で、返信を書いた理由をこう記していた。

 この事件は私の責任です。でも、子育てを独りでしている人もたくさんいます。(そうした)人から手紙を何通かもらいました。「私もいつ貴方(あなた)のようになってもおかしくなかった」と書いてくれていました。

 事件のことを書いて下さることで、今も悩んだりしてる方が若(も)しかしたらSOSを出さなきゃと思うかもしれない。そんな人の相談にのってあげたいと思う(人が現れる)かもしれない。そう思うと、ぜひお願いしたいと思っていました。【反橋希美】

==============

 ◇母子支援制度、周知されず


 厚生労働省の調査(11年)によると、10年の母子世帯の年間収入は平均291万円で、子供のいる全世帯の平均所得の約4割。離婚した父親から養育費を受け取っているのは20%だ。福祉施策を知らない人も多く、母子家庭の94%が生活資金などを借りられる母子福祉資金を「利用したことがない」と回答。うち68%が「制度を知らなかった」と答えた。

 ひとり親に支給される児童扶養手当を含め、支援制度の利用は基本的に住民登録があることが前提。中村被告は居住先の名古屋や大阪で住民登録をしておらず、弁護士に「住民票は何のためにあると思う」と問われると「分からない」と答えた。支援制度は逮捕後、拘置されていた別の母親らから聞いて知ったという。

スポンサーサイト
コメント

こんにちゎ(>_<)

a4ZX1X4n
こんにちゎ(>_<)
ほんとぉ突然ゴメン
胸ゎぉ友達の中でゎぃちばんぉぉきぃです。
http://U98c3CsW.ue-miyu.com/U98c3CsW/

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2018 なんだかなぁ all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。