FC2ブログ
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:事件
http://mainichi.jp/feature/news/20130124ddm013100035000c3.html

いいママになりたかった:大阪2児放置死事件/下 出し続けたSOS 「寄り添い」なく、孤立深め
毎日新聞 2013年01月24日 東京朝刊

 2人の幼い子供を放置し、餓死させたとして殺人罪に問われた中村(旧姓・下村)早苗被告(25)=上告中。子供を置き去りにして家を出たのは、離婚から1年と23日後のことだった。被告はこの間、周囲にSOSを出し続けたが、結果的に救いの手は差し伸べられなかった

    ■

 ・借金はしっかり返していきます

 ・家族には甘えません

 ・しっかり働きます

 ・逃げません

 ・うそはつきません

 ・夜の仕事はしません

2審で弁護側が提出し、証拠採用されたB5サイズの便箋がある。09年5月、元夫(26)との離婚に際して中村被告が書いた「誓約書」だ。

 浮気やうそ、借金に家出−−。離婚の原因は被告側にあった。元夫やその両親、実父(52)を交えて話し合いが持たれ、子供たちは中村被告が引き取ることが決まった。

 離婚までの経緯を考えても、中村被告が1人で十分な子育てをできる保証はなかった。だが話し合いでは、元夫が養育費を負担することは、議題にものぼらなかった。1審の大阪地裁判決は、この話し合いについて「子供らの将来を第一に考えたとみられない」として「悲劇の遠因」と位置づけた。

    ■

 離婚後、中村被告は「ミルクもおむつもない」と、三重県桑名市の母親の家に身を寄せたが、1週間ほどで家を出た。働き口として、寮や託児所を備えたキャバクラを名古屋市で見つけていた。被告は裁判所への上申書に「母が子供にきつくあたるようになるのではと思った」と書いている。

 当時2歳の長女、7カ月の長男との生活は、すぐに壁に直面した。子供の病気だ。

 中村被告は当初、2人を託児所に預けていたが、熱を出すようになると預けられなくなり、働きに出られず、収入も得られなくなった。「子供を寝かせてから仕事に行こう」。被告は始業時間が遅い別の店に移った。

 この年の10月、被告はインフルエンザにかかる。元夫と実の両親に電話し「子供を預かってほしい」と訴えたが、元夫と父親には断られた。母親からは「預かろうか」と電話があったが、被告はなぜか「様子を見る」と断った。

 行政にも助けを求めた。名古屋市の中区役所には、12月8日付で中村被告が相談の電話をした記録が残っている。

 「子の面倒を見られない。一時保護してほしい

 被告は後に、この時のことを法廷で証言した。区役所から紹介された児童相談所に電話し「一度来て」と言われたが、具体的な訪問日程などを提示されなかったという。

 「誰も助けてくれないと思った

被告はそう語った。ただ、児相側は被告からの電話について「記録がない」としている。この頃、区役所も本人に3回電話し、連絡を取ろうとしたが、被告は携帯電話に出なかった。

    ■

 中村被告は、徐々に現実から目を背けていく。翌10年1月、子供の水遊びで部屋が水浸しになったトラブルを機に、大阪市へ転居。それから5カ月後の6月9日、被告は子供を置いてマンションを出た。クラブで友人と夜通し遊んだり、男性とホテルに泊まったり。50日間、家に帰らなかった。

 当時の心境について、被告は法廷でこう語った。

 「子供のことは考えないようにした

虐待する親を多く支援してきた愛知県弁護士会の多田元(はじめ)弁護士は「育児放棄する親は、人とつながる力が弱く、少し困難にぶつかると無力に陥る。こうした親が『預かって』と言うのはよほどのこと。役所は『預かるから来てほしい』と応じるなど、機会を逃してはならなかった」と話す。

    ■

 事件に衝撃を受けた大阪では、母親を孤立させないよう支援する動きが出始めた。

 「いつでも連絡ちょうだい」

 昨年11月、大阪市内であった母親対象のランチ会。主催した木村直美(まさみ)さん(33)=大阪府門真市=が、子連れで参加したシングルマザー(30)に語りかけた。

 木村さんは2歳から6歳の4人の子を持つ母親で、水商売の経験もある。事件を受け、11年4月にひとり親を支援する活動を始めた。自身のブログ(http://ameblo.jp/mds-plehc/)でメールアドレスを公開し、400人以上の母親の相談に乗ってきた。

 「泣いてる子を放ったらかしてしまった」と心配する親を「大丈夫」と安心させる。「休みの日の子供との過ごし方が分からない」という親は、親子とも自宅に招き、一緒に遊ぶ。木村さんは「子供を救うには、まず母親に寄り添うことが大事」と訴えている。

    ■

 中村被告は記者にあてた手紙の中で、返信を書いた理由をこう記していた。

 この事件は私の責任です。でも、子育てを独りでしている人もたくさんいます。(そうした)人から手紙を何通かもらいました。「私もいつ貴方(あなた)のようになってもおかしくなかった」と書いてくれていました。

 事件のことを書いて下さることで、今も悩んだりしてる方が若(も)しかしたらSOSを出さなきゃと思うかもしれない。そんな人の相談にのってあげたいと思う(人が現れる)かもしれない。そう思うと、ぜひお願いしたいと思っていました。【反橋希美】

==============

 ◇母子支援制度、周知されず


 厚生労働省の調査(11年)によると、10年の母子世帯の年間収入は平均291万円で、子供のいる全世帯の平均所得の約4割。離婚した父親から養育費を受け取っているのは20%だ。福祉施策を知らない人も多く、母子家庭の94%が生活資金などを借りられる母子福祉資金を「利用したことがない」と回答。うち68%が「制度を知らなかった」と答えた。

 ひとり親に支給される児童扶養手当を含め、支援制度の利用は基本的に住民登録があることが前提。中村被告は居住先の名古屋や大阪で住民登録をしておらず、弁護士に「住民票は何のためにあると思う」と問われると「分からない」と答えた。支援制度は逮捕後、拘置されていた別の母親らから聞いて知ったという。

スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:事件
http://mainichi.jp/feature/news/20130123ddm013100011000c.html

いいママになりたかった:大阪2児放置死事件/上 両親の「ネグレクト」 幼少期の体験、心の傷に
毎日新聞 2013年01月23日 東京朝刊

 「もう子供が犠牲になるようなことは起きてほしくない」。
今月8日、大阪拘置所から届いた手紙にはこう書かれていた。
差出人は中村(旧姓・下村)早苗被告(25)。

10年7月、大阪市西区のマンションに、当時3歳の長女と1歳の長男を放置して餓死させたとして逮捕、翌年起訴され、昨年12月に大阪高裁で懲役30年の判決を受けた(上告中)。「いいママになりたかった」という彼女が、なぜ死に至るまで我が子を放置したのか。複雑な生い立ちと離婚後の境遇をたどり、事件の教訓を考えたい。【反橋希美】

 (懲役)30年については、起こした事から考えれば受け入れなければいけないと思います。納得がいかないのは、“積極的でなくても殺意が認められる”ということです。上告したところで、結果が変わることは殆(ほとん)どないと思っています。それでも私は訴えていきたいです。

 記者は1審の初公判の前から、中村被告に約10通の手紙を送っていた。中村被告が上告したと知り、心境を尋ねる手紙を出したところ、初めて返信が届いたのだ。

 置き去りにした時点で、子供が死ぬ危険性を認識していたのか。これが裁判の争点だった。法廷で中村被告は「今でも愛している」と何度も子への愛情を口にしたが、1審の大阪地裁、2審の大阪高裁とも殺意を認め、殺人罪を適用した。

 手紙で中村被告は、改めて殺意を否定したが、ゴミが散乱する部屋に50日も子供を放置した行為とのギャップは埋めがたい。焦点が当たったのは、親の愛情を求めながら得られなかった、被告自身の生い立ちだった。

    ■

 三重県四日市市で育った中村被告は、5歳の頃に両親が別居し、2人の妹とともに母親に引き取られた。ある夜、中村被告は父親(52)に「お母さんがいない」と電話した。駆けつけた父親が目にしたのは、飼い犬の排せつ物の臭いが充満する部屋で、汚れた服を着た娘たちの姿だった。母親は、頻繁に子供を置いて外出していたようだった。

 見かねた父親は、中村被告が小学1年の時に正式に離婚、娘たちを引き取った。父親は中村被告が小学3年の時に別の女性と再婚したが、3年ほど後に再び離婚した。

 優等生だった中村被告が荒れ始めたのは、中学に入学した後だ。家出や外泊を繰り返し、援助交際もした。「1年半くらいの間、家出しない週はなく、途方に暮れた」。父親は当時をこう振り返る。

同じころ、行動に一貫性がなく、うそをよくつく特異な言動が目に付くようになった。家出の理由を聞いても要領を得ない。繁華街を歩き回って捜し出すと「お父さん来たから帰る」と、ケロッとした様子で帰宅する。家出を泣いて謝り、父娘で「寝ようか」と笑い合った翌朝には、もういなくなっていた。

 父親は高校の強豪運動部の監督として、全国的に知られた存在だった。「部活動の遠征で家を空け、エネルギーの95%を仕事に費やしていた。次第に『家出するのは、心配してほしいからかもしれない』と思うようになった」

 シングルファーザーとして仕事と育児に奮闘する父親の姿が、02年に民放番組で取り上げられた。番組の中で、幼い顔に化粧をした中学3年生の中村被告が、カメラの前で孤独な思いを吐露していた。

 「家族みんなで、っていうのがなかった

 実は中学時代、中村被告は集団で性暴力を受けた。だが、そのことを、父親に打ち明けていなかった。

 東京の高等専修学校卒業後に地元に戻った被告は、就職先の飲食店で知り合った男性(26)との間に長女を授かり、結婚。だが、長男の出産から半年後、自らのうそや家出が原因で離婚した。その後、水商売を転々としながら1人で育児をしていたが、次第に子供を家に置いたまま遊びに出るようになった。周囲には「子供は他の人に預けている」と、うそをつき続けた。

 そして、事件は起きた。

    ■

 「困難を目前にすると、無意識に『解離』的な認知操作をする特性がある」。弁護側の依頼で中村被告の心理鑑定を行った西澤哲・山梨県立大教授(臨床心理学)の分析だ。

 解離は、記憶が飛んだり人格が変わったようになったりするなど、意識や体験がバラバラになる現象虐待などのトラウマのある子によくみられる心理的苦痛を直視しないよう、防衛手段として身につけてしまうという。

 専修学校時代の被告の恩師によると、少年鑑別所の職員が当時、被告について「解離性障害の疑いがある」と語っていたことがある。だが、専門的な治療を受けるなどの措置はとられなかった。

 「幼少期の母親からの養育放棄(ネグレクト)と、父親が気持ちに寄り添ってくれないという情緒的なネグレクトが続いた結果、心に深い傷を残したのではないか」と西澤教授は語る。「彼女が本当の意味で罪に向き合うには、親に謝罪してもらうことを含めトラウマ体験と向き合う治療的なかかわりが必要だ」

中村被告は2審判決前に大阪市内の夫婦と養子縁組し、姓が変わった。実の父母との関係も、少しずつ変化している。事件直後は「怒りが強くて面会に行けなかった」父親は、地裁判決の後に虐待の専門書を読み「できることがあったのでは」と後悔の念が増している。中部地方に住む母親も、毎週のように面会に訪れている。

 「早苗はどんな時もお父さんの娘」「私はずっとあなたのお母さん」。事件後に父母からそれぞれ言われ、中村被告は「涙が出た」と手紙に書いていた。弁護士にはこう話しているという。

 「いつか、お父さんとお母さんが一緒に面会に来てほしい

DATE: CATEGORY:相談情報・講座案内
デートDV連続講座<親が学ぶ編>です。
1/31から2/28まで、毎週木曜日午後2時~4時 全5回 無料
問合せ先:堺市男女共同参画交流の広場
TEL:072-236-8266


copyright © 2018 なんだかなぁ all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。