FC2ブログ
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:離婚
スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:事務局日記
昨日、NHKでDV家庭で育った子どもたちの特集をしていた。
加害者更生プログラムをしている先生から、父親とそっくりのことをしていると悩む男の子が「勝たなくていい」と、自分に言い聞かせるように教えられていた。
私の加害者、名前に「勝」の文字を入れられていた。
名前を付けられた時から、勝つことを求められていたのだなぁと、少々気の毒にも思った。

で、その男の子。
男の子で、身体も大きくて、力もあるから、父親とそっくりって思われてしまうのだと思うけど...
女の子だって、暴れたよぉ。

安心と安全を確保したとき、DVを目撃して育った子どもたちは、爆発するのです。
その過程を経て、人格の再構築を図るのです。
アクティングアウトといいます。
ストレスからの自己治癒のため無意識に行われる破壊的な行為。

彼のことも、そういう視点でも見てあげて欲しいな、って思いました。
DATE: CATEGORY:養育費
6月に届いていた箱を、暮れに開けた。やっと...
2001年から2012年までの裁判の記録。
弁護士事務所から場所を取って困るからと、送り返された書類。
あけてしまった...
開けたら、読まずにいられない。
で、暮れから読み続けている次第。

調停・審判・裁判
地裁・高裁・上告
養育費増額請求

我ながら、よく書いた、考えた!

娘から問われた
「そんな、昔の作文、恥ずかしくないの?」

全く、恥ずかしくないぞ!

ただ、弁護士宛の書類は、カタカナが多くて、恥ずかしいかな(^^ゞ

どうやら、裁判所への提出書類を纏めるにあたって、弁護士からカタカナでの記載はやめたほうがいいと諭されたようで...

その後、格段にカタカナが減っている。

養育費の算定基準。
何の検証もされずにのさばっているらしい代物。

昨年、大阪弁護士会のシンポジウムで耳にし、内容を探していたところ
書籍になっていた!

知っておきたい!
養育費算定のこと

かもがわ出版

裁判所に勝手に算定される前に、対抗策を考えておきましょうね♪
DATE: CATEGORY:事件
長い沈黙が法廷を包んだ。

「けんか」と、その男は一貫していた。
現場を見ていない人たちには、鬼畜のように思われるだろうが、と。

数々の暴行を全て「けんか」というその男に弁護士が問うた。
「被害者に対する謝罪の言葉はありませんか?」と。

黙っていた男が
自分の行動、思っていることが、その形だと告げた。

お互いに、もっと、ちゃんとやっておけば良かったと思っていると。

更に迫る弁護士に言った。

「謝罪が全うなのか?」と。
「謝罪とは、ヒトに強制されてするものなのか?」と。

被害者が求めるものは、「謝罪」である。

未だ、加害者から謝罪されたという被害当事者に出会ったことはない。

彼らは、心底思っているのだろう。

いったい、ぼくちゃんが、なにをしたっていうのだ?」と。
ちょっと、こづいただけ、と言った男もいた。

お互い様だと思っている、その都合のよい思考回路は、どこからくるのだろうか?

刑事事件で証言した医師によると
「暴行はかなり強烈だったと推測。窒息状態に陥った結果、毛細血管が破裂して起ったものと考えられる。5分、10分ある程度の時間、相当な力で首を絞められた事が原因と考えられ死に至らしめる可能性があったと推測される」というほどの暴行。

被害者は、後ろに人が立つだけで恐怖を感じる日々を送っている。

刑事事件では、医師として社会的な貢献をしてきたことを評価し、軽い判決をくだした。

あぁ、いつかのシンポジウムで聞いた「医師」だからと減軽されたという事件は、コレだったのかもしれない、と、思い出した。

医師だからこそ、生命の重みを深く感じなければならないのではないかと思う。
罪が重くなりこそすれ、減軽される理由にはなりえない。


未だ、DVに関する理解が浅いことも思い知った。
被害者は、DVのことなんて知らなかったから...と、悔やむ。

相手方弁護士は、恐ろしいほど、DVに関して無知だった。
「自分だったら、考えられない」を連発し、「勉強不足」と指摘されていた。

自分の考えを、長々と唱えていた。
「自分だったら、普通だったら、考えられないようなモノの弁護をアナタは、しているのですよ」
そして、その弁護士は、加害者である医師を「先生」と呼んでいた。

私たちは、耳を疑った。

お粗末な司法の現場である。

DV事案に関しては、刑事・民事ともに「DV専門法廷」を設けて欲しいと、また、思った。

いつも、いつも思う。
こんな司法じゃ、アテにできないと。

あらん限りの勇気を振絞って司法の場に立つ被害当事者は、ココで、また、二次被害に遭い、失望してゆくことになるのだ。

「世の中に対する信頼感」を根こそぎ奪われかねない。

エコ贔屓してくれと云うのではない。
理解して欲しい。
最低限の知識は、身につけて欲しい。

DV防止法は、職務関係者への啓発を課しているというのに。
10年以上のときが経っても、未だ果たせていない。

で、今日の裁判。
「離婚理由」を問われた男。
そんなプライベートなことを答えなければならないのか、と、問う。

流石に、裁判官「離婚裁判ですから」と。
前半は、何を考えているのかなぁと思っていた裁判官だったが...
きっと、呆れてくれたことだと思う。
いや、呆れてくれていて欲しい。

破綻の責任はわからないから、弁護士に託したと。

お互いに喧嘩もあったが、じっくり話し合いをもてれば良かったのだと。

裁判官が問う「両方の責任かな?」っていうことか?と。

割合は、難しい。
自分も悪いが、相手にも変って欲しかった。

いやいや、ホンマ、お目出度い思考回路ですわ。




DATE: CATEGORY:相談情報・講座案内
電話相談員養成講座
人を支え 自分を支える
電話がつなぐ "心"と"希望"
人間関係力 UP!

人に関わる仕事をしている方♪
これから人と関わる仕事をしたい方♪

対人援助のスキルアップをしたい方♪

相談員、援助職などに興味がある方♪

***人と関わりのある方なら、どなたでも受講いただけます***


説明会  <♪無料♪>

2013年5月14日(火)

場所:フェミニストカウンセリング堺
http://www.fcsakai.net/index.html

お問合せ・お申し込み:NPO FC学会 堺


TEL:072-224-0663
FAX:072-224-0670

講座内容詳細は、↓
http://www.fcsakai.net/counseling00.html

講座案内をご覧ください<(_ _)>


copyright © 2018 なんだかなぁ all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。